Q.サザンカの増やし方

Q.
サザンカの増やし方を教えてください。

A.
一般的には挿し木による繁殖が行われます。

露地挿し、箱挿しともに可能ですが、ご家庭でされるのであれば、育苗箱等に挿し木する方法が便利です。

6~7月ごろ太くて充実した新梢(当年枝)を採集し、挿し穂とします。

採取した挿し穂は葉が3~4枚になるように長さを調整し、水につけ、十分に水あげしましょう。

用土は有機質の少ない排水の良い土(真砂土・ボラ土・赤玉土等)が良いでしょう。

葉と葉が触れ合う程度に挿し、十分に水をかけます。

挿しつけ後は半日陰に置くか、寒冷紗で日覆をします。

以後、葉水を与え、土が乾燥しているようであれば散水します。

10月ごろから徐々に日光に当てるようにします。

翌春から少量の化成肥料か液肥を与え、肥培管理を行いますと、その年の秋10月ごろから翌年春には充実した枝となり、移植することができます。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ