Q.クロマツの剪定について

Q.

クロマツの剪定時期と剪定方法を教えてください。





A.

クロマツは新芽をそのまま伸ばしていると芽も長く伸び、葉も長く伸びて、形がたいへん悪くなります。





まず、6月初旬に新芽を旧葉の境目から切り取ります。

これをみどりつみといいます。



みどりつみをすることによって、7月ごろから8月にかけて新しい芽が出て、短く伸びます。





11月末ごろ、前年度の古い葉を取り除きます。

これをもみあげといいます。



新しく伸びた芽の数が多い時には、1芽~2芽残して、あとの枝は付け根から切り取ります。

場合によっては、こみあった小枝を切って樹姿を整えます。(原田)



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ