Q.クヌギのコブ

Q. 

クヌギの枝にこぶが出来ています。

ブログで見たらマツのこぶ病の記載があり、

そこにナラ類(コナラ・ミズナラ・クヌギ・カシワ)と

アカマツ・クロマツの間を行ったり来たりするとありました。

このこぶもこれに当たるのでしょうか。



A.

相談の中に書かれています内容は

マツのこぶ病についての記載です。

確かに、マツのこぶ病菌は、春4~5月に

クヌギに伝染します。クヌギでは毛さび病と言い、

最初葉裏に黄粉を生じ、8~9月には

黒褐色毛状物を生じると言われています。



クヌギのこぶはマツのこぶ病菌によるものではありません。

樹木には色々の病原菌により、茎・枝・幹に

こぶ状物を作る病気が知られていますが、

クヌギの枝にこぶを作る病気は今のところ

報告されていないと思います。



それから、クヌギの枝に虫こぶを作る害虫が

知られています。今回の「虫こぶは」は、

当センターの参考書で見た限りでは、

ナラリンゴタマバチによる虫こぶ(ナラメリンゴフシ)に

類似しています。ネットで「クヌギの虫こぶ」で検索されると、

クヌギに出来る「虫こぶ」の情報が沢山出ていますので、

比較検討してください。        (小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ