Q.キンモクセイを移植したら枯れてきた

Q.
植栽後25年ほど経過したキンモクセイを盆過ぎに移植した。
ところが一部の枝が枯れてきて、全体的に元気がない。
剪定は全くしていない。
元気がないので油粕をまいた。

A.
根を切られたのに剪定をしていないために、
傷んできたのだと思います。
混みすぎたところを剪定してください。
グリンナーやアビヨンなどの蒸散抑制剤の散布も有効です。
油粕は取り除いてください。
来年5月以降、新芽が伸びたころ油粕はやってください。(神代)

なお、キンモクセイの移植の記事(http://blog.ryoku-cen.net/%EF%BD%91%EF%BC%8E%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%81%AE%E7%A7%BB%E6%A4%8D/)も参考にしてください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ