Q.キンメツゲに虫がいっぱいいます。

Q.
キンメツゲに虫がいっぱいいます。
駆除する方法を教えてください。

A.
キンメツゲはイヌツゲの仲間で、
新葉が黄金色で美しい樹木です。

お話の虫は、クロネハイイロハマキという
ハマキムシの仲間だと思います。
年に5回位発生すると言われています。
卵で越冬し、4月下旬頃にふ化します。

発生は不規則で、卵・幼虫・サナギ・成虫
が同時に見られるようになるとのことです。

被害は梢部に近い葉をつづり合わせ、その内側
にいて表皮を食害するので、褐色の葉がいつまでも
付着しています。

クロネハイイロハマキは、モチノキ科樹木
(モチノキ、クロガネモチ、ウメモドキ)
モクセイ科樹木(モクセイ、ネズミモチ、
イボタ)も加害します。

防除は、モッコクのモッコクハマキに
登録のあるカルホス乳剤1,000倍液を
散布して見られてはどうでしょうか。
            (小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ