Q.カナメモチのごま色斑点病の登録農薬について

Q.

 ごま色斑点病に関する緑化相談は多く、ブログでのアクセスもかなりの件数になっています。



 農薬会社の方から本年5月に適用拡大された農薬について、9月に情報が寄せられましたので、皆様にお知らせします。





A.

 ヤシマ産業(株)の農薬「花セラピー」が、本年5月にカナメモチのごま色斑点病に適用拡大されたとのことです。



 日本植物防疫協会の試験では、新梢展開期から散布しますと薬剤を散布しなかった樹木の病害発生に対し、約93%発生を抑制することができ、発病初期からの散布結果でも約87%抑制すると言う結果が得られているとのことです。



 カナメモチのごま色斑点病防除では、皆様お困りでしたので、樹木類に登録がありますベンレート水和剤に加え、「花セラピー」も試されてはどうかと思い記載しました。



 感染源となる病葉や病落葉を除去した後に農薬を散布すれば、より散布効果が高くなるのは言うまでもありません。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ