Q.ウメの花付きをよくし、病気を防ぐには

Q.

ここ数年、ウメの花付きが悪い。また、一部枝枯れして、ぽきぽき折れる。よく見ると枝にカビみたいなのがついていた。

A.

(持ち込まれた実際の枝を見て)こうやく病です。病患部は薄く削りとります。カイガラムシ類を駆除することでこの病気を防ぎます。6月頃を中心にスプラサイド乳剤40の1500倍液を散布。また、陶器にマシン油乳剤を散布します。

花後、もしくは実の収穫後に、整枝・剪定をします。徒長枝、からみ枝、逆さ枝などを抜き切りします。冬に剪定する際は花芽の様子を見ながら、徒長枝等を整理します。

また、土を耕し、有機質肥料を混ぜ込み、根の発達を促すのも良いでしょう。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ