Q.アラカシ・クロガネモチ・キンモクセイ・ヤマモモの剪定

Q.
アラカシ・クロガネモチ・キンモクセイ・
ヤマモモなどが大きくなってきました。
背丈を低く小型化したいのですが、
今頃強剪定をしてよろしいでしょうか。
注意点はありますか、教えてください。

A.
強く切り下げるのは、3~4月頃が良いでしょう。
アラカシ・クロガネモチはかなり強く切っても、
新芽が出ます。キンモクセイ・ヤマモモは、
あまり強く切ると木の樹勢が弱って
枝枯れすることがあります。
少しずつ切り下げてください。
葉を一枚もないように切ったら枯れることがあります。
 
夏場の強剪定はしないでください。
(原田)

2 Responses to “Q.アラカシ・クロガネモチ・キンモクセイ・ヤマモモの剪定”

  1. ●●さん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    クロガネモチ、幹の直径が30㎝位
    終秋~葉が殆ど無くなります。今は新葉が出てきました。どうしたら葉が落ちなくなるのでしょうか?ご近所のは冬じゅう青々してるのに?  良いアドバイスをお願いします。

  2. ryokucen より:

    SECRET: 0
    PASS:
    返信が遅くなりすみません。
    お話の症状は最近よく見かける症状ですが、原因が分かっていません。
    植木生産者の方は「半落葉性の木だったかな」と笑ってあるくらいです。
    植えてある木の周辺を柔らかく耕し、有機質堆肥を施します。(樹冠下に深さ30~40cm位の穴をあちこちに掘り、有機質肥料を埋め込んで、土壌を柔らかくしていきます。)
    葉に褐色~黒褐色の斑点が出来て落ちるのであれば9月ごろから2~3回(5月・7月・9月)殺菌剤を散布してみてください。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ