Q.カミキリムシの防除

Q.

カミキリムシの防除の薬剤は6月虫糞が出てからでいいのですか。

根もとをはぎ取ったら軟らかい部分があったので、気になります。

 

A.

前回の回答は、6月頃カミキリムシの成虫が木から脱出→後食→交尾→産卵→幼虫の樹木への侵入までの流れを説明したものです。

秋頃まで木くずが出ていたのであれば、現在その木の中に虫がいるわけですから、その虫を殺した方が良いです。

そうしないと、今年の初夏に成虫が出て、新たに加害する可能性があります。

木くずを見たら、すぐに処置した方が良いと思います。

今の時期は、まだサナギにはなっていないと思いますので、殺虫剤の注入で対応できると思います。

サナギの状態であれば、殺虫剤の効果は少ないかもしれません。この場合は、穴に細い針金等をさし込んで、虫を刺し殺します。

今年の5月以降、カミキリムシの後食痕(脱出した成虫が枝の樹皮をかじったあと)に注意してください。後食痕があれば、カミキリムシが飛来して、木をかじっているということです。

この場合、スミチオン乳剤やカルホス乳剤等の殺虫剤を散布してください。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ