Q.銀梅花の挿し木

Q.

銀梅花の挿木について 教えて下さい。庭にあるので育ててみたいと思ってお尋ねします。
挿木の枝の太さ 長さ 用土 その他色々 よろしくお願いします。

 

A.

常緑樹は春芽がある程度固まった頃に挿し木します。
6月上旬から7月上旬が適期です。
春芽伸張の10センチくらいの枝をハサミで採穂します。
挿し穂の樹冠の位置は伸張の(木全姿)の真中あたりの充実した枝を挿穂してください。
穂木の葉取りは5~8枚程度上部を残してそろえます。
挿穂した枝はすぐにバケツの水に浸し、乾燥させないようにします。
切りそろえは長さ7~8センチに切り、
水揚げを2~4時間位してください。
挿し木用土を育苗箱、あるいは八寸程度の素焼き鉢に入れ
3センチ間隔くらいに深さ半分程度挿入して、
挿し木後はたっぷりの水をやってください。
挿し木1週間程度は朝夕水やり、その後は1日1回の水やりをしてください。
置く場所は木陰で寒冷紗で覆ってください。
2~3ヶ月で発根します。翌春植替えです。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ