Q.石灰硫黄合剤の散布について

Q.
 初春に石灰硫黄合剤を散布しましょうと言われますが、その目的と効果について教えて下さい。

A.
 石灰硫黄合剤は、石灰と硫黄と水を反応させ精製したものであり、水によく溶けます。

 「農薬便覧」には、硫黄は菌体や虫体への浸透力が強い、柑橘類の収穫に先立って散布すると、果実の着色を促し、貯蔵力を増すと記載されています。

 うどんこ病、さび病、そうか病、かいよう病、胴枯病(腐らん病)、カイガラムシ類、ハダニ類等に効果があります。

 夏期に散布できる果樹類がありますが、多くは休眠期や発芽前の散布が主であり、薬剤散布条件の記述を良く読み、時期・濃度を理解した上で散布する必要があります。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ