Q.生垣の樹種について

Q.

 生垣を作りたいのですが、どのような樹種が良いでしょうか?



 特徴も含め、教えてください。





A.

 家の作りにより選ぶのが良いでしょう。



和風家:

ヒサカキ、シラカシ、アラカシ、ヒノキ、マキ類、竹類、ネズミモチ・・・

特にヒノキの生垣は出来上がった後が美しいです。



洋風家:

ベニカナメモチ、フイリマサキ、トキワマンサク類、ツツジ類、イボタノキ、サンゴジュ・・・



 他にも多くの種類がありますが、どの種類を植栽しても年2回の刈り込みは必要です。



 生垣というものは、

目隠し、囲い、美しくするなどの効果があります。



 しかしながら、全体的にどこの生垣も厚みが50㎝から1m幅くらいに大きくなっていますね。できるだけ20㎝から30㎝以内で作り上げてください。



 背丈は手入れのしやすいように出来るだけ1.5m以下にしましょう。理想は1.2mです。隣との目隠しのところだけ高くして、他は低くしましょう。



 ちなみにイボタノキは素晴らしい種ですが、冬季50~70%の葉が半落葉します。



 また、サザンカ類は害虫のチャドクガがつきやすく被害が激しいので、あまりお勧めしていません。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ