Q.生垣に適した樹種を教えて

Q.

おすすめの生垣があったら教えてください。





A.

現在主流の生垣種として・・・



トキワマンサク:

赤花・白花があり、合計4種くらいあります。葉は小さく、春の花が特に美しいため、今、非常に人気があります。



ラカンマキ:

緑が濃く、年間通じて美しい葉です。管理がしやすく、病害虫に強いため、人気種となっています。



プリペット類:

4種程あり、斑入りが人気です。冬期に葉が少なくなるのが欠点です。



カシ類:

落ち着いた味を持ち、日本庭園では欠かせない種です。派手さはないですが、年間通じて美しく、日本人に合う木と思います。



マサキ類:

戦後、生垣に多く使われるようになり、その後一度廃れましたが、最近また復活してきた種です。

斑入りが人気で、現在の住宅にも良く使われるようになりました。





今後のおすすめ種として・・・



上記現在主流の生垣種に加え、



ヒノキ:

非常に薄くでき、風になびく小葉が美しい。



フェイジョア:

葉が美しく、実を食べることができる。



斑入りサカキ:

市場にはあまり出回っていないが、非常に美しい。



キンメツゲ:

芽立ちがとても美しい。総じて年間通じて美しい。



チャノキ:

病気に強く、花も美しい。茶の自家栽培も可能。



アベリア類:

刈り込みに強く、手入れもし易い。病気も少ない。



ヘデラ類:

フェンスが必要だが、種類が豊富で、色や斑入りなど、多く楽しめる。



和ベニカナメ:

レッドロビンより病気に強い。



その他、いろいろありますが、

いずれにせよ、刈り込み管理が一番大事です。



ポイントは、厚みは10cm~20センチ、高さは1.5m以下。



いろんな生垣を見る機会があると思いますが、

厚みがありすぎて、道路にはみ出したりしているのを良く見かけます。

もっと薄く作りましょう。

20センチ以上厚くする必要はないです。

高さも120センチ以下なら、自分の手で充分に刈り込みが可能です。

楽しんで生垣をつくられてください。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ