Q.樹齢100年のサザンカの花付き

Q.

樹齢100年程度のサザンカの花付きが悪い。毎年、夏と正月前の2回、専門業者に剪定を依頼している。

A.

7月頃には花芽ができているので、夏のせん定の時に花芽を切っているのかもしれません。

石灰や鶏ふん等のアルカリ性の肥料は避けて、油粕や化成肥料を使ったほうが良いでしょう。

土が固くしまっているのかもしれませんので、樹冠の外側をところどころ掘って、堆肥やピートモスを入れるとだんだん土が良くなります。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ