Q.梅の木の剪定

Q. 
梅の花も散り始めました。
立ち枝の梅と枝垂れ梅の剪定時期と
剪定方法を教えてください。
特に注意する点がありましたら、併せてご教示ください。

A. 
立ち枝の梅の場合、実を取る場合と
観賞目的の梅とで剪定の方法が違ってきます。

観賞用の梅の場合は花が終わって剪定しますが、
枝ぶりを考え、徒長枝・絡み枝・立ち枝などを
整理しながら、あまり枝が込み合わないように
剪定します。
 
実を採る梅の場合は、実を採った後に
枝の込み具合を見て、日当たりが良く、
通気が良いように剪定します。

また、葉がおちた後に剪定する場合も同様ですが、
花芽の付き具合を見ながら剪定しないと、
花芽を切ってしまいますので注意が必要です。
  
枝垂れ梅の場合は、花が終わった後に
長い枝の元から2~3芽位残して切りますと、
そこから長い枝が伸びて、来年花が咲きます。
上の方へ伸ばしたいときには、元気の良い新芽に
支柱を立てて植えの方へ誘導してください。
(原田)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ