Q.常緑樹・落葉樹の強剪定

Q.
生垣の強剪定を考えている。生垣は常緑のものも落葉のものもある。
時期的に強剪定しないほうが良い時期があるか。

A.
強剪定時期は、冬期にする場合が多いですが、
落葉・常緑樹、いずれも場合も、樹液の流動が始まる前にしたほうが良いでしょう。
九州北部の場合、だいたい3月中旬ごろには樹液が動き始めます。
その前であればよかろうという意見が、植木生産者・造園業者さんに多いと思います。
また、一度に小型化するのではなく、数年かけて内枝を育てながら、
形を整えていったほうが良いでしょう。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ