Q.低く仕立てなおしたい

Q.

伸びすぎた樹木を低く仕立てなおしたい。時期や方法が知りたい。

A.

強剪定を行う時期は、樹液の流動が始まる3月上旬・中旬が適期といわれています。落葉樹も常緑樹もこの時期です。ただし、針葉樹の場合は、切りのこした部分に針葉(葉)がついていないと、新芽が出ずにそのまま枯れることが多いので注意が必要です。

透かし剪定等を行い、内枝の針葉が充実してきたら、好みの場所(長さ、高さ)で剪定が可能になるでしょう。

太い切り口には、癒合を促進するために、樹皮と材の境を中心に接ぎ木ロウを塗布し、塗布し残した材部には墨を噴霧しましょう。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ