Q.レッドロビンのごま色斑点病

Q.

昨年秋より、垣根のレッドロビンにごま色斑点病がでました。



今年の新芽にダコニールを散布していましたが、まもなく葉がすべて落ちてしまいました。

残っている葉にも症状が出ています。



対処法を教えてください。





A.

この病気は本当に猛威をふるっているようで、5月から6月にかけて相談が多数寄せられます。



まず前置きですが、

完全に元の姿に戻るというのは難しいと思ってください。

残念ですが、症状が落ち着く程度の回復しか対処法がありません。



まず、

症状が出ている葉はすべて剪定して、剪定枝等はすべて焼却処分してください。



木全体に症状が出ているような場合は、

1.強めの剪定をする

 1.2メートルの高さに揃えます。太幹のみ残し、すべて切ってしまいましょう。(棒状になりますので、垣根として目隠しの役目は全く果たせない状態になります。)



2.お盆頃、新芽が出たら、ベンレート水和剤2000倍かトップジンM水和剤1500~2000倍を散布します。

3週間おきに3~4回散布します。



以上で、病原菌はかなり減らせますので試してみてください。



しかしながら、近所に病木があればやがてうつります。

地域ぐるみで薬の散布をするなどして取り組むか、

あるいは繰り返すようなら、樹種の入れ替えも検討すると良いでしょう。

(古賀)





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ