Q.マキの生垣の移植

Q.

元家から新築の現住居に生垣のマキを移植したいのだが。

A.

何十年も経過した生垣樹の掘り取り移植は費用が大きくかかりますし、移植痛みが大きく発生します。

新植のほうがコスト面で非常に安価にできます。

また、枯れも非常に少なく植え付け後の生育も新植のほうがはるかに良好です。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ