Q.マキの剪定

Q.

マキの剪定はいつ頃するのでしょうか?





A.

マキの剪定は、本来はクロマツの剪定と同様にするのですが、

時間がかかったり、技術が松以上に必要であるため、現在では大バサミでの刈り込みが主流です。



今では有名庭園(特に京都の古庭)でしか、本来の剪定の姿を見ることができません。



日本でのマキの剪定は、通常年に2回、正月前とお盆前に大バサミで剪定することが多いですね。

しかしながら、このお盆の剪定の時期を少しずらして、

8月下旬から9月上旬までに剪定すると、

秋芽の葉が少し小さく黄金色に見え、とても美しいマキに見えます。

早くても遅くてもいけません。

マキの生垣も同様です。試してみてください。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ