Q.ヒノキの剪定

Q.

ヒノキを剪定したいのですが、時期や方法、注意点などを教えてください。





A.

木の大きさや生垣、単木などの状況が分かりませんが、剪定の際には緑の葉の部分を残して剪定するということが基本になります。



太い枝を切ったり、深切り等で緑の葉のない所で切ってしまうと新芽が出ずに枝枯れとなってしまいます。



これはほとんどの針葉樹について言えることで、こまめに剪定してやるということが必要です。





剪定の際に枯れた枝や葉を丁寧に取り除くと、これだけでもずいぶんスッキリします。



生垣だけでなく、単木のものは刈り込みバサミで刈り込み、円錐形、円筒形の樹形に仕立てても良いでしょう。





剪定の時期としては5月~10月頃にかけて2回~3回行うと良いでしょう。





これから11月~12月にかけて古葉がだんだんと枯れてきます。

お正月前の作業として綺麗に取り除いてやってはどうでしょうか。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ