Q.ヒイラギ、モクセイ、ヒイラギモクセイの食用性害虫について

Q.

 「ヒイラギ(モクセイ)」の虫食い対策についてお伺いしたいのですが、そちらのホームページの相談例(Q&A)では「害虫名はテントウノミハムシで、剪定後に殺虫剤を散布すること」となっているのですが、こちらの棚仕立て-2本の「ヒイラギ」は、いづれも既に葉の形状を留めないほどに食い荒らされていて、立ち枯れが心配される惨状です。

 果たして、蘇生させられるものなのでしょうか?

 可能な場合、有効な薬剤なり肥料等について、また、剪定の可否等についても教えていただければ有難いのですが・・・






A.

 お尋ねの害虫はテントウノミハムシと考えられます。



 テントウノミハムシは、年に1~2回発生すると言われています。落葉層内で越冬した成虫は5月上旬から葉肉を不規則に食害します。





 5月下旬に葉裏に産卵し、幼虫は葉に潜って6月を中心に盛んに葉肉を食害するため、葉は黒褐色になります。地中で蛹になり、羽化した成虫は秋まで葉を食べて、落葉層内で越冬します。



 対策としては、成虫発生時期にネットに払い落とすか、殺虫剤を散布しますが、薬剤は樹種登録が有りませんので、充分に注意して周辺に迷惑がかからないようにしてください。また、成虫は落葉層内で越冬しますので、落葉は綺麗に整理した方が良いでしょう。



 剪定ですが、葉が無いようであれば枯れ枝等を整理する要領で行い、新たな芽の発生を期待する方が、そのままよりも有効だろうと思います。葉が有ればそれは残す方が良いでしょう。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ