Q.ナンテンを増やしたい

Q.

 ナンテンの苗木を挿し木で殖やしたいと思いますので、ご指導をお願いします。





A.

 難を転ずるからナンテンと言われ、縁起木として根強い人気があるナンテンは、鮮紅色の実も美しく、鳥の好物で、実物の庭木の代表的存在です。



 また、実や葉は薬用成分を含み、実は咳止め、葉は解毒剤として利用されています。



 さて、挿し木ですが、ナンテンの発根率は高い方ですから、良い苗が作れます。









①時期は春挿し、梅雨挿し、秋挿しとありますが、3~4月の春挿しが良いでしょう。



②挿し床の用土は、箱底に赤玉土の中粒を3㎝位敷き、その上に赤玉土小粒(精選した鹿沼土、マサ土でも良い)を4~5㎝入れ、挿し床とします。

 なお、用土に水分を調節したりするため、バーミキュライトやピートモス、ミズゴケなどを適当な割合で使用する場合があります。



③親木から穂木を取る=日当たりの良いところから取る



④さし穂をつくる=10㎝前後の穂とし,さし穂の切り口は斜め45度に、鋭利な刃物で仕上げること。



⑤水あげ=1~2時間ほど水につけて水あげする。



⑥さし付けは穂の1/2を目安とし、さし床に穴をあけ、穂を痛めないように挿していく。



⑦挿し終わったらしっかり潅水する。



 その後は、明るい日陰で管理し、徐々に光線に慣らしていきます。



 約2ヶ月で発根を確認して鉢(ポット)に移植し養苗します。(西岡)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ