Q.サカキにつく虫

Q.サカキに虫がつくことはありますか?



どんな虫がつきますか?



対処法も併せて教えてください。







A.

一番多い害虫はカイガラムシ類です。

それによって、すす病まで発生します。



時々、葉の食害が出ますが、そう気にするほどの食害は出ないと思います。



6月上旬から7月中旬までに、2~3回程度10日おきに、カイガラムシ専用の殺虫剤(スプラサイド乳剤40の1000~1500倍液)を散布しましょう。



夏場に退治できなかった場合は、冬期12月下旬から1月下旬ごろにマシン油乳剤の散布をお勧めします。

30~70倍液で散布してください。



カイガラムシのほか、時折、

幹・枝にテッポウ虫(カミキリムシ類)がつきます。

新芽にスリップスがつきます。

いずれも適期に適宜薬剤散布をしてください。(古賀)

2 Responses to “Q.サカキにつく虫”

  1. 山田康人 より:
    お尋ね致します

    榊にテッポウムシと思われる幹の膨れが出来て、枝が枯れて後に来全体を数本からしてしまいます。対処時期と薬の種類をお教えください。
    幹の大きさは、大人の親指大から直径10センチ位の綺麗な榊についてしまいます。
    • 福岡県緑化センター より:
      原因は不明です。

      症状からすると「ゴマフボウトウ」の被害に近い症状です。
      文献によると、ヒサカキに記載があります(カラー解説 緑化木樹木の害虫」
      養賢堂発行)。

      ゴマフボクトウは、色々の樹木に寄生し被害を与えています。
      いわゆる、「ボクトウガ類」の被害状況です。

      幹の膨れ部分に、ノコクズ状の虫糞(ノコクズ状のものが排出されているか?)が、
      確認できるか否かで判断が異なります。

      幹の膨れが、害虫の加害によるものか病気による症状なのかは、話だけでは判りません。
      幹に膨れを生じる病気は、私は、今のところ報告を確認していません。

      カミキリムシ類の加害にしろ、ボクトウガ類の加害にしろ、異常が認められる部分には、
      虫糞の排出痕(ノコクズ状のものが出ている孔)が認められるはずです。
      それが無い様でしたら、被害部分を切り取り、緑化センターへ持参ください。

      カミキリムシ類にしろ、ボクトウガ類(対象木に雑草が絡まないようにすれば予防可能))にしろ、
      虫糞が排出している部分を良く観察し、そこに糞排出用の小さな孔を見つけたら、その孔に、
      カミキリムシ用の「糞排出孔、食入部噴射剤」を、噴射注入して坑口を密閉しましょう。

      何れにしろ、一度、実物を持参して緑化センターにお出でいただければと思います。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ