Q.クロマツの手入れ

Q.

クロマツを植えています。

高さ約3m位、幹周り40cm、樹齢約40年です。

自分で手入れをしたいのですが

年1回の手入れでも良いのでしょうか。

もし可能であればその方法を教えてください。



A.

マツは春に新芽が出ます。

そのまま伸びたら芽も針葉も長く伸びて、

見た目に荒れたマツのようになります。

 

クロマツの場合、今年出た新芽を

6月初旬~中旬頃取り除き(みどり摘み)ます。

芽摘み後に新しい芽が出て、10月頃芽が

出揃い針葉も開いて、短く締まった姿になります。

 

12月頃に古い針葉が黄色くなってきますので、

古い針葉を手でもぎ取ります(もみあげ)。



また、揉み上げの時に、新しい芽も

伸ばす方向を考えて、1か所2芽を基準にして

余分な芽は摘み取ります。

 

年に一回手入れする場合には、

みどり摘みを行わずに、秋頃長く伸びた芽を切り取り、

短い芽を二芽位残す方法があります。

しかし、針葉はかなり長くなっています。



また、この時に古い針葉ももぎ取りましょう。

 

緑化センターでは、マツの管理に関する講習会も

行っていますので、勉強においでください。

                   (原田)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ