Q.ウメの冬場の管理



Q.
庭のウメの冬場の管理方法を教えてください。



A.
まず、施肥ですが、毎年結実が多く、短くて弱い枝しか伸びていない場合には、
樹冠下のあちらこちらに深さ30~40センチの穴を掘り、有機質の堆肥を入れましょう。
施肥は11~12月上旬に行ってください。

次に剪定ですが、12月に入ってから花芽を確認しながら行ってください。
花後に一度剪定されている場合は、冬場の剪定は量的に少ないかとは思いますが、
枯れ枝、徒長枝、その他不要な枝を取り除き、長い枝で花芽の少ない枝を切り返し剪定します。
花芽の多い短枝を中心にした姿になれば終了です。

最後に病害虫防除ですが、
落ち葉や剪定枝などをきれいに清掃します。
12月中旬か下旬ごろから1月の早い時期にマシン油乳剤を散布し、カイガラムシ類の駆除を行いましょう。
散布時期が遅くなり花芽がふくらんでくると、開花に影響がでるといけませんので、寒い時期(1月上旬あたりまで)に早めに実施しましょう。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ