Q.イヌマキの剪定



Q.
今頃(夏場)、イヌマキの剪定をしても良いか?



A.
どのくらいの剪定をするのかということでいえば、
一般的に強い剪定は3月の樹液が動き始めた頃が適期と言われています。
夏場は徒長枝や内枝の枯れ枝を切り取り、風通しをよくします。
秋以降は軽く姿を整える程度が良いと思います。

剪定方法は、枝の内側に枯れ枝を生じないように、一枝一枝ハサミを入れて整理するのが理想です。
バリカンや刈り込みハサミで剪定を繰り返すと、葉の切断部分が茶色になり見苦しくなりますし、
枝の内部に細かな枯れ枝を多数生じることになります。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ