Q.しだれ桜の剪定の時期とポイント



Q.
しだれ桜の剪定の時期や管理上のコツやポイントを教えてください。



A.
しだれ桜は原則として剪定はしません。
あえて、剪定するならば、根元付近から高さ1.5m~2.5m(大きい木)のヒコバエ、幹から発生した枝の切除や、上の方で樹形を乱している枝の切り返し剪定や、他の建物や植木に障害の出そうな枝の切り返し剪定くらいで充分です。

まだ2m~3mくらいの幼木であれば、4mくらいの支柱を主幹に結びつけ、幹芯を高く伸ばしてください。
そのようにして、自分の庭に合った高さまでまずは生長させてから、後は横枝を傘状に自然な枝張りを作り上げていってください。

庭に植えて、まだ小さいうちは、低度化成肥料(8-8-8)を一握り、年に2回程度施し、冬期は寒肥として油カスを四握り程施してください。
ある程度生育したら、後は施肥は全く必要ありません。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ