福岡県緑化センターに寄せられた木や庭に関しての質問に樹木医がお答えします。

最新情報

2017年8月20日
病害虫診断防除
Q.マツの枯れ
A. 写真を送ります。対処方法を教えて下さい。よろしくお願いいたします。 A. お箸くらいの小枝をハサミで切り、30分以内に松脂が出ればマツクイムシではありません。逆に出なければ残念ですが枯れます。 また、小枝を切り、割・・・
2017年8月20日
管理
Q.ウメの古木の枯れ
Q. 30年程度のウメの木、太枝1枝が春から2度にわたり、葉が黄変して落葉し、その枝は全く元気がないような気がします。 A. 梅の木の特徴的な太枝枯れです。 古木、名木になればなるほど発生して幹のあっちこっちが枯れながら・・・
2017年8月6日
病害虫診断防除
Q.サカキの枯れ
Q. サカキが枯れてきている。写真を添付します。 A. 土壌は礫が多すぎる印象です。有機質の投入が欲しいです。 虫糞が確認できますので、ゴマダラカミキリかも。 いずれにせよ、穿孔性害虫(ボクトウガ類、カミキリムシ類)の地・・・
2017年7月30日
病害虫診断防除
Q.イチジクの葉が枯れ、実も縮んでしまう
Q. イチジク~毎年この頃(7月~8月)になると、葉が黄色くなり落葉が進みます。実も縮んで枯れてくるのが増えてきます。消毒や肥料や散水は適度に対応してるのですが、、、。アドバイス頂ければ幸いです。 A. イチジクは本来、・・・
2017年7月16日
剪定
Q.アジサイの剪定
Q. 今の時期にできる剪定を教えてください。 A. 原則としては、花柄の切り取りと下に垂れ下がった根株元の剪定です。 でも、高くなりすぎの場合は、茶色の古い枝は根株元から全て切り除いて、毎年新しい枝に更新して、大輪の美し・・・

Q.マツの枯れ

A. 写真を送ります。対処方法を教えて下さい。よろしくお願いいたします。 A. お箸くらいの小枝をハサミで切り、30分以内に松脂が出ればマツクイムシではありません。逆に出なければ残念ですが枯れます。 また、小枝を切り、割・・・

Q.ウメの古木の枯れ

Q. 30年程度のウメの木、太枝1枝が春から2度にわたり、葉が黄変して落葉し、その枝は全く元気がないような気がします。 A. 梅の木の特徴的な太枝枯れです。 古木、名木になればなるほど発生して幹のあっちこっちが枯れながら・・・

Q.サカキの枯れ

Q. サカキが枯れてきている。写真を添付します。 A. 土壌は礫が多すぎる印象です。有機質の投入が欲しいです。 虫糞が確認できますので、ゴマダラカミキリかも。 いずれにせよ、穿孔性害虫(ボクトウガ類、カミキリムシ類)の地・・・

Q.イチジクの葉が枯れ、実も縮んでしまう

Q. イチジク~毎年この頃(7月~8月)になると、葉が黄色くなり落葉が進みます。実も縮んで枯れてくるのが増えてきます。消毒や肥料や散水は適度に対応してるのですが、、、。アドバイス頂ければ幸いです。 A. イチジクは本来、・・・

Q.アジサイの剪定

Q. 今の時期にできる剪定を教えてください。 A. 原則としては、花柄の切り取りと下に垂れ下がった根株元の剪定です。 でも、高くなりすぎの場合は、茶色の古い枝は根株元から全て切り除いて、毎年新しい枝に更新して、大輪の美し・・・

Q.ハナミズキの主幹上部の枯れ

Q. 3mのハナミズキの主幹上部1m位が枯れている。日当たりは良いのですが。 A. 上部の枯れが発生しているとのことですが、芯(主幹)の剪定で発生することがよくあります。 植え付け地の土壌の原因も考えられます。 冬期に耕・・・

Q.ハマナスを地植えしたい

Q. 今年、ハマナスの鉢を買いました。地植えにしたいが、ちょっと調べたら、九州(福岡県内)にはあまり合わないのでしょうか? 寒いところには合っているようですが、暖かい土地には地植えでは耐えられないのかな?と心配しておりま・・・

Q.法面保護

Q. 法面に樹木を植えたいが、管理が楽なものを教えてほしい。 A. お茶の木の実証をお勧めします。日当たりが強すぎても、日陰でもよく育ち、種子の直播ですと、主根の根が非常に深くまで伸びて、法面保護に適しています。 しかも・・・

Q.ハナミズキの葉の異常

Q. 今年植えたハナミズキ。葉が白くなっている。一部は葉が黒くなっているところもある。 A. ウドンコ病や斑点病、輪紋葉枯れ病などが考えられます。 4月中旬~下旬 トップジンM水和剤散布 6月上旬 トリフミン水和剤散布 ・・・

Q.アラカシの病害虫

Q. アラカシが病気のようだ。葉が紫色になっている。 A. アラカシの病害虫を整理すると ①害虫:毛虫(加害形態はクシヒゲシマメイガに近いが幼虫からの推定は難しい)、いずれの毛虫にしろ、ディプテレックス乳剤1000倍を散・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ